ページタイトル

ポンティアック ファイヤーバードトランザム ラムエア WS6 コンバーチブルアメ車ワールド記事

HOME > 試乗記 > ポンティアック ファイヤーバードトランザム ラムエア WS6 コンバー (PONTIAC FIREBIRD Trans Am)

試乗記 TEST RIDE ポンティアック ファイヤーバードトランザム ラムエア WS6 コンバー (PONTIAC FIREBIRD Trans Am)最終限定モデル「コレクターズエディションパッケージ」

ポンティアック ファイヤーバードトランザム ラムエア WS6 コンバー (PONTIAC FIREBIRD Trans Am)

フルノーマルな奇跡の趣味車2000年前後のアメ車は、90年代の味わいと2000年以降の機械熟成を持ち合わせた究極の趣味車ではないか? トランザムに試乗して改めてそう思った。

 

取材協力 ガレージダイバン
TEL 0356073344 [ホームページ] [詳細情報]

4thカマロと兄弟車ながらも独自路線を築く

 いわゆる4世代目となるファイヤーバードトランザムは1994年に登場した。当時はまだコルベットはC4世代末期の時であり、4thカマロとトランザムが同時期に4代目へと進化したのである。

ということで兄弟車たる4thカマロと同じ5.7リッターV8エンジンを搭載し(=C5コルベットとも同様)、300hp越えのスポーティカーとして魅力的な存在であった。

ボディは、それまでの直線的なデザインから流線型スタイルへと変化し、リトラクタブルヘッドライトを備えたそれは、スポーツカーへの変身を予感させたのである。

だが1998年、4thカマロと同様にマイナーチェンジが行われフェイスリフトを敢行する。

それまでの流麗なスポーツカー風のスタイルから一転、よりマッチョなマッスルカー的なスタイルへと変身。リトラクタブルヘッドライトは継承されたものの 形状が全面的に見直され、それまで窪んでいたボンネットフードは、巨大な筋肉のごとき盛り上がったツインポートスクープへと変更され、全体的に力強さを連 想させるアメリカンスタイルへと変貌を遂げたのである。

と同時に、搭載されるエンジンにも手が入った。4thカマロおよびC5コルベットと同様のLS1オールアルミ製のV8エンジン(305hp)を搭載し、 WS6ラムエアとパフォーマンスパッケージと呼ばれる「ラムエア リミテッドWS6」も同様にラインナップされ、ファイヤーバードトランザム的には世代最高レベルのマシンが誕生したのである。

ちなみにこのLS1エンジンは、2000年に310hpにパワーアップし、WS6ラムエア搭載モデルで325hpを発生させるに至った。だが……。2002年、4thカマロ消滅と時を同じくして、ファイヤーバードトランザムはその歴史に幕を下ろすことになる。

この2002年、最終モデルとして「コレクターズエディション」が登場する。イエローボディでホイールがブラックの限定車。ラムエアフード周辺には火の鳥のステッカーが貼られトランザムとして33年の歴史を主張しているかのごとく目立っている。

マッ チョなスタイルが目立つ4代目最終モデル。だが、リトラクタブルヘッドライトを上げると一転、スポーティカーとしての雰囲気が高まる。極めてオーソドック スなアメ車的ハンドリングと濃密なアメリカンV8とのコラボ。久々に乗ったが、この年代のトランザムは一言、「カッコイイわ」。
90年代によく見た爬虫類系のリアテールのデザインが垣間見れる。ボディ前後はマッスル系を体現しているが、ボディのサイドラインは一転して穏やかなラインを形成している。このアンバランスさもこの時代の魅力。
巨大な筋肉のごとき盛り上がったボンネットフードとツインポートスクープはラムエアの専売特許。ラムエアでないモデルは、スクープ形状と大きさが異なっている。
イエローとブラックのツートンカラーのような使い方はさすがアメ車。幌の状態も非常に良く、電動幌の動作にもまったく問題ない。ちなみに、スイッチはセンターコンソール下部にある。
幌はガラス製であるから、後方の視認性は悪くない。若干サイドミラーが小ぶりなので、そちらの方が慣れるまで気になるかもしれない。
WS6ハンドリングパッケージと一体化され、ハードサスペンションと組み合わされる、最終限定のコレクターズエディション。

最終モデルかつ限定のコレクターズエディション

 取材車両は2002年のまさにコレクターズエディション。しかもコンバーチブル。すなわちモデルラインナップ的には本物のラムエア搭載のハイパフォーマンスモデルかつ熟成に熟成を重ねた最終限定モデルということになる。

走行距離は約3万6000マイルということで、超極上車ということではないが、このコレクターズエディションは世界的に見ても滅多に出ない出物だけあって、超期待の1台。しかもフルノーマル車だ。

改めてみるポンティアック ファイヤーバードトランザムのフロントマスクは非常に攻撃的。まさにマッスル。盛り上がったフロントフードとラムエア装着車のツインポートスクープが見る者を圧倒する。

ただ、ボディ全体からの印象、特にボディサイドラインはそれまでのポンティアック系統に準じているだけあって、一転穏やか。だがそのアンバランスさがその時代を象徴しているようで楽しい。あえて今この年代のアメ車に乗る価値を高めているような気がする。

またボディカラーのイエローが鮮やかであり、ブラックのホイールや幌が、まるでツートンカラーのようなバランスを醸しだし、アメ車ならではの独特な良い雰囲気を発しているのも特徴である。

この時代の2ドアクーペだが、あらたまってドアの長さを気にすることもなく、乗降性も思ったほど悪くない(笑)。

今の時代のアメ車からすれば圧倒的に質素な室内空間だが、それでも華やかにしようという心意気が感じられるインパネは、当時のカマロやコルベットよりも、ずっと洒落ている。

ステアリングやペダル位置に違和感はなく、シフトレバーが握りやすく簡単にスタートできる。フロントの見切りも盛り上がったフェンダーによりかなり良い。

走り味に90年代車の面影が残る

  300hp越えのパフォーマンスカーということで、その能力は極めて高く、低速から中速にかけての加速力は現在でも十分に心地よく、かつ楽しめる。その際 のラムエアの「キーン」というサウンドの高まりも気分を高揚させるし、ハンドリングパッケージということでロールも少なく、安定感の高い走りが味わえる。 何より、中古車としての違和感(異音、騒音、ミシミシガタガタ)がほとんど感じられないのが素晴らしい。

ただ、恐らくトランザム全体の話に及ぶのだろうが、この年代特有のクセが残っている部分も確実にあった。たとえばブレーキ。軽いアクセルペダルに反し て、ブレーキのタッチは意外に硬め。効かないということではまったくなく、踏力が予想以上に必要というレベルだが、アクセルペダルが軽いだけに、慣れるま でその差が結構気になったりする。

聞けば(聞いて思い出したが)、90年代のアメ車的な感触が残っているということで、「確かにそうだった」と試乗を終えて思い出したのだった。

それ以外では、まさにコンバーチブルの国が作った屋根開きクルマということで、頭上の風の収まりもかなり良かったために、1月21日の気温8度でも、 オープンにして走行可能だったし(暖房フル稼働で)、2+2ボディであるが、基本的に前席のことしか頭にない造りによって、走っているフォルムがめちゃく ちゃカッコイイし、何よりクルマとしてのコンディションも非常によかったことが、このクルマの評価を俄然高めたことは間違いない。

リ トラクタブルヘッドライトの動作確認を行ったが何度繰り返しても異常なし。ヘッドライトを上げて走れば、前方のクルマは、「なんだこのクルマ?」と思わず にはいられない雰囲気を発する。実際には、「何かに似ているかも」とも思わせる、ちょっとした懐かしさを感じさせるフロントマスク。90年代っぽさをもた らすアクの強さは必見。
搭載されるエンジンは、C5コルベットや4thカマロと同様のオールアルミ製LS1OHV。5.7リッターV8はラムエアとともに325hpを発生させる。エンジンの吹け上がりとともに聞こえるラムエアの吸気音が気分を高める。
90年代のアメ車がもたらす質素な雰囲気を象徴するインパネ。それでも使い勝手に悪いところがまったくなく、装飾を求めなければ十分に機能的。オーディオまで純正なのは非常に珍しい。電動幌のスイッチも見える。
2002年型最終モデルということで、14年落ちの約3万6000マイル走行車となるが、ボディエクステリアに多少の小キズ等はあるものの、全体的にパリッとしている印象はさすが。車庫事情が許せば筆者が欲しかった。
レザーシートにシワがよるが、実走行の数字が表すほどの全体的にヤレや痛みが少ないのも嬉しい。変な汚れやキズもなく、状態としては上々だろう。
前後275/40/17インチのコレクターエディションブラックアルミ。小キズはあれど純正品。

新旧の味を持ち合わせた趣味車

 まあもちろん、 1台の中古車として見た場合には、たしかにそれなりの使用感や小キズ(ホイール回りのガリガリ)等があったのは間違いないが、逆にこの年代で必要なのは、 まずは走りを含めた機関部分のコンディションであり、このトランザムに限ってはその部分は間違いないと断言できる。

90年代から2000年前後にかけてのスポーティクーペということで、国産スポーツカーのようなハンドリングの小気味良さは味わえないが、それでも往年 のV8サウンドを響かせる濃厚なフィーリングとアメ車ならではの鷹揚としたハンドリングの乗り味が特徴であり、その味がまだ味わえるコンディションでの中 古車ということで、非常に価値が高いと言えるだろう。

ただ、現代の最新車両ほどの機械的熟成はもちろんないから、手に入れればオーナーとして手をかける必要性は必ず出てくるだろうが、それでも現代のアメ車 がなくしてしまった機械的な快感はずっと多分に持ち合わせているので、このマッチョなスタイルが気に入るのであれば、そして最新のアメ車の味気なさに嫌気 がさしているのであれば、90年代のアメ車の味と2000年以降の機械としての熟成を持ち合わせた最高の趣味車として、非常に高い満足感を得ることが可能 だろう。コンバーチブル好きならなおさらである。

とはいえ、右に左にと車線をちょこちょこ変えて落ち着きのない、大人気ない走りをする方には向いていないということも付け加えておこう。トランザム自体も、そういう走りには向いいていない(笑)。

比較的穏やかな直線を大トルクに任せて悠然と走ることが得意なクルマである。しかもコンバーチブルである。屋根開きを作らせたら世界一の国だけあって、 気持ち良さもハンパではないから、大きなお世話かもしれないが、イマドキなセンスの持ち主の方に颯爽と乗りこなしてもらいたい。

試乗記一覧に戻る


コメントは受け付けていません。

空白